甘くない、梅干し屋「梅ボーイズ」のネットショップはこちらをクリック

家庭で簡単にできる梅干しの作り方【失敗しないポイントを紹介!】

出典:梅ボーイズYouTube
メディア編集担当ぐちを

山本さん!

今度お家で梅干し作りをしてみたいんですけど、初めてのことなんで不安です…。

梅ボーイズ代表者山本 将志郎

そうなんですね!

これから家庭で簡単にできる梅干しの作り方を紹介するので、ご安心を!

メディア編集担当ぐちを

梅農家さんから直々に教えてもらえるなんて光栄です!

梅ボーイズ代表者山本 将志郎

いえいえ!笑

失敗しないポイントも紹介するので、ぜひ試してみてください!

そして、このサイトだけでなくYouTubeでも発信していますので、動画が好きな方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

チャンネル登録もしてもらえると嬉しいです!

\甘くない、梅干し屋/

うめくらべの販売開始しました!
(無添加、長期保存可能)

目次

家庭の梅干し作りで用意するもの

梅ボーイズ代表者山本 将志郎

ご家庭の梅干し作りで用意するものはこちらです!

用意するもの
  • 梅(完熟梅)
  • 塩(天然塩がおすすめ)
  • 梅を漬けるための容器
  • 消毒用アルコール
  • 梅酢(あれば)

梅酢はあればで構わないですが、梅ボーイズサイトで購入できますので、ぜひチェックしてみてください。

梅干し作りはまず梅選びが重要

梅ボーイズ代表者山本 将志郎

梅干し作りは、何よりも梅選びが重要です!

冷凍の梅ではなく生の梅で。

そして、生の梅は完熟梅を使うと良いです!

完熟梅の特徴は、ヘタがないことですね。

完熟梅の特徴はヘタがないところ(出典:梅ボーイズYouTube
メディア編集担当ぐちを

青梅はダメなんですか?

梅ボーイズ代表者山本 将志郎

梅干しにはなるんですが、皮が硬い梅干しになります。

柔らかい梅干しがお好きな方は、農家直送の完熟梅がおすすめです!

メディア編集担当ぐちを

理解しました!

YouTubeでは5月の撮影だったため冷凍梅を使ってますが、冷凍梅だと梅の中の膜が壊れており干した時にひしゃげてしまうので、できるだけ生の完熟梅を使うようにしてくださいね。

家庭での梅干しの作り方を紹介!

梅ボーイズ代表者山本 将志郎

家庭での梅干し作りの手順は、大まかに言うと以下のとおりです!

梅干し作りの手順
  1. 梅を塩漬けにする
  2. 梅酢が上がってきたら、梅を天日干しにする
メディア編集担当ぐちを

めっちゃ簡単ですね!

梅ボーイズ代表者山本 将志郎

そうなんです!

ただ、こだわるべきポイントがいくつかあるので、以下で詳しく手順を解説します!

STEP
梅干しの重さに対し、18〜20%の量の塩を用意する

まずは生梅の重さを計算し、総量に対して18〜20%の塩を用意します。

例えば、生梅が500グラムであれば、必要な塩は90〜100グラムになる計算です!

※今回は18%の例で紹介します

出典:梅ボーイズYouTube

ちなみに、お塩選びはとても重要で、塩によって梅干しの味が決まってくると言っても過言ではありません。

ポイントとしては、天然塩を使うことですね。

精製塩と比べて塩の旨味が段違いなので、天然塩を使うことで美味しい梅干しに仕上がります(詳しくは後述)。

STEP
生梅を水洗いする

続いて、生梅を塩漬けしていきます。

まずは完熟梅を水洗いしましょう。

手をしっかり除菌するのも忘れずに。

出典:梅ボーイズYouTube
STEP
容器を消毒する

梅を漬けるための容器は、除菌用のアルコールを使ってしっかり消毒しましょう。

拭かずに自然乾燥することで除菌効果がアップします。

出典:梅ボーイズYouTube

ちなみに、梅を漬けるのに使用する容器は、タッパーウェアのものがおすすめ!

密閉性が高く、家庭での梅干し作りに適しています。

出典:梅ボーイズYouTube

もうちょっと大きめの容器がいい場合は、コメリの落とし蓋付きのものが、1,000円ちょっと位とお手頃です。

出典:梅ボーイズYouTube
STEP
生梅に塩を揉み込み、容器に入れる

いよいよ、生梅に塩をまぶせていきますが、ここで梅酢が大活躍します!

出典:梅ボーイズYouTube

梅酢には塩分が含まれているので、生梅の表面に梅酢を漬けることで、塩がまぶされたのと同じ状態になるんです。

梅酢が用意できない場合、この工程は飛ばしても構いません。

出典:梅ボーイズYouTube
出典:梅ボーイズYouTube

次に、生梅に天然塩を揉み込んで、容器に入れていきます。

ポイントとしては、生梅の表面に小さな傷ができるくらいしっかりと揉み込むと良いです。

それによって、梅酢が出てきやすくなり、美味しい梅干しになります。

出典:梅ボーイズYouTube

ヘタの部分は意外と忘れがちなので、しっかり揉み込みましょう。

出典:梅ボーイズYouTube

「梅酢と塩を両方使うと塩辛くなりすぎるのでは?」と思われる方も多いと思いますが、天然塩を使えばそこまでしょっぱくはならないので、ご安心ください!

出典:梅ボーイズYouTube

最後に、残った塩を上から振りかけ、容器に蓋をしましょう。

出典:梅ボーイズYouTube

美味しい梅干しを作るポイントとして、

① 梅酢を早く上らせて密閉状態にするために、塩をしっかり揉み込むこと
② 保存中の梅を空気に触れさせないために、密閉性の高い容器を用いること

があるので、ぜひ覚えておいてください!

出典:梅ボーイズYouTube

密閉効果を高めるために、お皿を落とし蓋代わりに利用しましょう。

重さが足りない時は、お塩をジップロックに詰めたものを使うと良いです。

出典:梅ボーイズYouTube
STEP
直射日光の当たらない場所で1ヶ月以上保存し、その後天日干しする

ここまで終わったら、あとは容器を直射日光の当たらない場所で保存します。

1ヶ月くらい経つと梅酢が上がってきて梅が漬かるので、その後天日干しをすれば梅干しの完成です♪

ちなみに梅酢に漬かった後はどれだけ寝かしてもOKで、実際にこの時は1年前に漬けた梅を使用しました!

出典:梅ボーイズYouTube
梅が梅酢に使ったら、あとは天日干しにするだけ(出典:梅ボーイズYouTube

干し方はとても簡単で、並べるだけです(笑)

その際ですが、7〜9月の3日間晴れが続く日に干すようにしましょう。

出典:梅ボーイズYouTube
出典:梅ボーイズYouTube

グレーのトレイは梅農家で使う梅を干すための道具になりますが、こちらが無くても、ホームセンターによくある道具で代用可能です。

出典:梅ボーイズYouTube

ちなみに、破れてしまった梅も干してOK。

ちゃんと美味しい梅に仕上がりますよ!

出典:梅ボーイズYouTube

1〜2日干したら、梅をひっくり返します。

その際、早朝に行うと朝露の影響で梅の表面に水分が付いていて、簡単にひっくり返せます。

出典:梅ボーイズYouTube

トータル3日干したら、あとは完成した美味しい梅干しを存分に味わいましょう♪

梅干し作りで失敗しないポイントとは?

梅ボーイズ代表者山本 将志郎

梅干し作りで失敗しないポイントを、まとめます!

メディア編集担当ぐちを

これは要チェック!

完熟梅を使う

ご家庭で梅干しを作る際は、完熟梅を使うようにしましょう。

青梅でも梅干しにはなりますが皮が硬くなってしまうので、できるだけ農家直送の完熟梅を使うと良いです。

また完熟梅は生で食べても問題ないですが、青梅は生で食べると危ないので、お気をつけください!

天然塩を使って塩漬けする

塩漬けする際、使う塩は天然塩にすると美味しい梅干しに仕上がるのでおすすめ。

精製塩か天然塩かどうかは、栄養成分表示の食塩相当量(塩化ナトリウム)の項目を確認することで見分けられます。

精製塩は、塩化ナトリウム以外は取り除く製法で作っていますので、 食塩相当量(塩化ナトリウム)の項目が99g程度とすごく多いです。

一方で天然塩は精製塩よりも、一般的に食塩相当量が少なくなります。

また、体に必要なミネラルを摂取するためにも、天然塩を使うのがおすすめです。

今回使ったお塩(天然塩)は、食塩相当量が91.4gでした。

出典:梅ボーイズYouTube

保存中の梅はなるべく空気に触れさせない

美味しい梅干しを作るために、塩漬けして容器で保存中の梅は、なるべく空気に触れさせないことが重要です。

そのために、

・しっかり塩を揉み込んで梅酢が出てきやすくする
・落とし蓋を使う

といった方法を取るようにすると良いです!

早朝に干している梅をひっくり返す

干している梅をひっくり返す際は、ひっくり返しやすい早朝に行いましょう!

それ以外の時間帯は梅が乾いていて、うまくひっくり返せないことが多いです。

家庭での梅干しの作り方まとめ

メディア編集担当ぐちを

梅干しの作り方を詳しく理解できました!

おかげさまで、美味しい梅干しが作れそうです!

ありがとうございます(^^)

梅ボーイズ代表者山本 将志郎

どういたしまして!

ぜひご家庭で楽しく梅干し作りに励んでもらえると!

そして、僕が代表をしている梅ボーイズでは塩と紫蘇だけで漬ける甘くない梅干しや、美味しい梅酢を開発・販売しております。

ぜひこちらもチェックしてみてください!

\甘くない、梅干し屋/

うめくらべの販売開始しました!
(無添加、長期保存可能)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

梅の魅力や梅仕事の楽しさを発信するメディア「うめしらべ」の編集部。甘くない梅干し屋「梅ボーイズ」の代表山本をはじめ、複数名が運営に参画しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる