梅ボーイズの商品一覧はこちらをクリック

梅酢ダイエットの方法は?効果や効能も詳しく紹介!【管理栄養士ライター執筆&梅干し屋監修】

あんでぃ(安藤光平)

こんにちは、管理栄養士ライターのあんでぃです。

ダイエットをしているけどなかなか痩せない…

梅酢ってダイエット効果があるらしいけど本当なの?

この様な疑問をお持ちではないでしょうか?

「お酢」と聞くとダイエットに効果的というイメージを持っている方も多いかもしれません。

そんなお酢の中でも、「梅酢」はダイエット面で効果的な栄養素を豊富に含んでいます。

そこで本記事では、

・梅酢ダイエットが効果的な理由
・梅酢ダイエットで期待できる効果や効能
・梅酢ダイエットの方法

について詳しく解説していきます!

この記事を書いた人
あんでぃ(安藤光平)

管理栄養士として病院で3年半勤務後「正しい栄養の情報をより多くの人に届けたい」という思いでライターへ転身。得意分野である栄養・健康管理に関する記事を中心に執筆活動をしている。動物園と相撲が好き。

Twitter:@andou0827

この記事の監修者
山本将志郎

梅ボーイズのリーダーで、和歌山県みなべ町で5代続く梅農家の三男。梅本来の味を生かした梅干しを後世に残すため、塩と紫蘇だけで漬ける梅干し屋を令和元年に創業。

目次

梅酢はダイエットに効果的!

出典:Adobe Stock

結論から言うと、梅酢はダイエットに効果的です。

そもそも梅酢とは、梅干しを作る過程で梅からにじみ出たエキスのこと。

物事のちょうど良い具合を指す「塩梅(あんばい)」という言葉は、梅と梅酢が語源とされており、日本では古くから親しまれている食品であることがわかります。

梅酢は梅から滲み出たエキスのため、当然ですが梅の成分も含んでいます。

梅は「百薬の長」「梅はその日の難のがれ」といわれるほど、健康効果が期待できる栄養成分が含まれており、その中にはダイエット効果が期待できる成分も多く含まれています。

あわせて読みたい
梅酢はどんなお酢?健康効果・効能について詳しく解説【管理栄養士ライター執筆&梅干し屋監修】 この記事を読みに来ていただきありがとうございます。 梅酢って何? 梅酢ってどんな健康効果があるの? こんな疑問をお持ちではないでしょうか。 梅干しを作る過程でお...

梅酢ダイエットで期待できる効果・効能

梅酢には以下4つのダイエット効果・効能が期待できます。

・代謝向上
・脂肪燃焼
・疲労回復
・腸内環境改善

それぞれ詳しく説明します。

代謝向上

出典:Adobe Stock

梅酢には代謝を向上させる効果が期待できます。

代謝にはいくつか種類がありますが、最もエネルギー消費量が多いのが基礎代謝です。

基礎代謝は生命を維持するために必要なエネルギーのことで、呼吸や体温維持、心臓の働きなどの働きを担っています。

体内にはクエン酸回路と呼ばれるエネルギーを産み出すための機能が存在しています。

クエン酸回路は代謝全体を向上させる働きがあるため、基礎代謝も向上します。

基礎代謝が上がることで、普段と同じ生活をしていてもエネルギーの消費量が多くなります。

そのため、何もしてなくても代謝が向上しエネルギーを使うことになり、食べたもののカロリーが多少高くても太りにくくなります。

脂質代謝改善

出典:Adobe Stock

梅酢に含まれている梅エキスには、中性脂肪や総コレステロールを低下させる効果が期待できます。

食品中に含まれている栄養素は大きく分けて、

・炭水化物
・タンパク質
・脂質

に分けられます。

3つの中で同重量で比較したとき、最もカロリーが高い栄養素が脂質です。

そのため、脂質が高い食事をしていると、体脂肪がつきやすくなってしまいます。

梅酢と脂質代謝の関係を調べる研究では、梅エキスを与えたラットは与えていないラットよりも中性脂肪や総コレステロールの上昇を抑える働きがあることが発表されました。

動物実験ではありますが、梅には脂質に対し良い効果があると考えられます。

高脂質な食事ばかりしている方は食事を見直し、梅酢を摂取することで痩せやすい体を作ることができるかもしれません !

疲労回復効果

出典:Adobe Stock

梅酢にはクエン酸が豊富に含まれており、疲労回復効果が期待できます。

ダイエットをしようとした時に、まず思いつくのが運動ではないでしょうか?

しかし、今まで運動をあまりしてこなかった方が急に運動をし始めると、疲労感が強くなり続けられなくなることも多いです。

梅酢に含まれているクエン酸は、体内で生成された疲労を感じさせる乳酸の分解をサポートする働きを持っているので、運動後の疲労感を抑えることができます。

梅酢を食事に取り入れ疲労をためないようにして、毎日少しずつでも運動を続けてみましょう!

腸内環境改善

出典:Adobe Stock

梅酢は有機酸が含まれており、腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。

有機酸とは、食べたときに酸味を感じさせる成分の1つです。

梅酢には

・クエン酸
・リンゴ酸
・植物性乳酸菌

などの有機酸が豊富に含まれており、それぞれが整腸作用を持っているといわれています。

酸性で胃腸には悪いと思って敬遠していた方も、胃腸のために一度試してみるのがおすすめです。

梅酢ダイエットの方法

出典:Photo AC

梅酢ダイエットは、毎日大さじ1杯程度の量を摂取するダイエット法になります。

しかし、梅酢の種類によっては塩分濃度が高すぎるためにしょっぱすぎると感じる可能性もあるでしょう。

また、梅酢を摂取するタイミングも実は重要です。

ここからは、梅酢ダイエットの飲み方や飲むタイミングについて、おすすめの方法を紹介します!

飲み方は水や炭酸で割るのがおすすめ

梅酢ダイエット中に飲む梅酢は、水や炭酸で割るのがおすすめです。

先述したとおり、商品によっては塩分濃度が高いため、大さじ1杯程度でも味の違いがあり、喉が渇いてしまう可能性があります。

対策として、食事から摂取する塩分量を計算したうえで、梅酢の量を決めると良いです。

また、酸味が苦手な方は炭酸で割ることで、酸味を感じづらくなり飲みやすくなりますよ。

水や炭酸で割って、自分にとってちょうど良い「塩梅」を見つけてみましょう!

ただし、飲みやすいからといってサイダーはおすすめできません。

サイダーには糖分が多く入っているため、血糖値が急激に上昇してしまう可能性があります。

梅酢を割って飲む場合は、無糖の炭酸水を選ぶようにしてください!

タイミングは朝がおすすめ

梅酢を飲むタイミングは朝がおすすめです。

梅酢には代謝を高める効果が期待できることを先ほど紹介しました。

代謝は日中の活動中に大きく上昇するので、朝に飲むことで代謝が上がりやすくなり、より効果が出やすくなります。

朝に時間がある方や飲むタイミングについて迷っている方は、ぜひ朝に飲むのをおすすめします。

梅酢は塩分量が多いが実は高血圧にも良い効果がある

出典:Adobe Stock

高血圧の方が敬遠する食品として、梅や梅酢をイメージする方も多いのではないでしょうか?

もちろん塩分量が多いのは事実ですが、実は梅酢にはダイエット効果以外に、高血圧にも効果があります。

2004年に発表された実験では、梅酢抽出物を摂取した場合に、血圧上昇が緩やかになったと発表されています。

さらに、梅酢には「カリウム」も豊富に含まれています。

カリウムとは5大栄養素であるミネラルの一つで、体内で過剰になった塩分を排出してくれる働きを持っています。

梅酢は実験結果やカリウムから、高血圧の方にもおすすめできる食品であることがわかります。

ただし、冒頭でも紹介した通り、梅酢にはもともと塩分が多量に含まれています。高血圧に効果的だからといい、摂取のしすぎは禁物です。

梅酢ダイエットで好転反応は起きない

出典:Adobe Stock

ちなみに、梅酢で好転反応は起きません。

梅酢ダイエットもそうですが、ダイエット法の中には、特定の食品を継続的に摂取するものがあります。

継続的に摂取することは悪いことではありませんが、その食品を摂取していて体調が悪化しても

体が良い方向に変わっている
体から毒素が抜けている

と好意的に捉え、問題視しないケースも一部にあります。

しかし、こうした好転反応には科学的根拠はありません。

万が一梅酢を摂取して体調が悪くなった場合は、すぐに摂取を中止してください。

あまりにも症状が強くなる場合は、医療機関の受診をおすすめします。

健康的なダイエットを行うために、どんな食品でも基本的に好転反応は起きないということを頭にいれておきましょう。

まとめ

今回は、梅酢ダイエットで期待できる効果や方法について紹介しました。

梅酢は塩分量が多い食品のため、摂取しすぎると高血圧になる危険性がありますが、

・代謝向上
・疲労回復
・腸内環境改善

といった健康効果もあり、ダイエットに活かすこともできます。

梅酢ダイエットは毎日大さじ一杯だけ摂取すればよいので、無理なく健康的なダイエットを始めることができます。

塩分量に気をつけた上で、梅酢ドリンクを作ったり食事に梅酢を取り入れたりして、健康的にダイエットを行いましょう!

梅ボーイズの商品一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

梅の魅力や梅仕事の楽しさを発信するメディア「梅ボーイズのうめしごと」の編集部。甘くない梅干し屋「梅ボーイズ」の代表山本をはじめ、複数名が運営に参画しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる